長聖ニュース

2017年5月


中学で文教講演会が行われました。

中学 2017/5/26

  5月26日、中学で第1回文教講演会が行われました。今回の講師は、カリフォルニア州を拠点としてアメリカ留学をサポートする「Y.E.S. ESL International, Inc.」代表取締役社長であり、カリフォルニア州マーセッド・カレッジの責任者をされる山内周司先生でした。「日本の未来を担う若者たちへ」の演題でのお話を、本校のイチカワドイル徳恵理事長との対談形式で行っていただきました。
  山内先生からは、大学卒業後アメリカに渡ったご自身の経験をもとに「英語はコミュニケーションをとるツール。英語を使えればいろんな人と話をしていろんな人に出会える。今日から英単語を1日3つ覚えてほしい。アメリカ人と同じ土俵で仕事をしてきた自分が自信を持って言えることは、“何かしたい”という思いが強ければ必ず扉は開くということ。自分の思いを伝えたいと思う気持ちが大切。自分はアメリカで大学を作りたい。そして、世界で活躍する人材を育てたい。」と生徒たちへの熱いエールとご自身の夢を語ってくださいました。最後に生徒会副会長の斉藤君が「“今が一番できるとき”という言葉が強く印象に残りました。将来のために英語の学習をがんばりたいと思います」とお礼の言葉を述べました。改めてこれからの学校生活に自信を持つことができたようです。
  なお本校は、去る5月10日、マーセッド・カレッジと国際交流パートナーシップ協定を締結しました。双方の文化的・教育的な交流を促進し、アメリカへの留学を希望する生徒へのサポート、アメリカでの研修プログラムの実施などについて大筋で合意し、また、スポーツ留学を始め、4年制大学への編入プログラム、短期での実地研修プログラムなどの幅広い分野での相互交流を行っていく予定です。



《長聖ニュース》

生徒総会と強歩大会表彰式が行われました。

高校 2017/5/22

  5月20日、高校で生徒総会ならびに強歩大会表彰式が行われました。生徒総会は生徒会の進行で議事がつつがなく進みました。強歩大会表彰式では、男子総合1位高木航志君(3年8組)の記録が読み上げられると、25kmの距離に対して1時間半ほどの好タイムに全校生徒から驚きの声が上がりました。
  最後に堀内教頭が全校に向けて「本校の強歩大会は、競い歩くではなく、強く歩くと書きます。自分の弱い精神と戦い、出来る限りの力を発揮した素晴らしい結果でした。サポートする人と歩く人が一体となった良い大会でした。間近に迫った聖祭でも、それぞれの立場で頑張って良いものを創り上げてほしい」と語りました。



《長聖ニュース》

佐久長聖高校と順天堂大学との連携協力実現

長聖 2017/5/19

  5月12日(金)、本校と順天堂大学が連携して教育活動を行う高大連携の調印式が、両学園理事長臨席のもと、順天堂大学にて執り行われました。
  順天堂大学に本校生徒の推薦枠が設定され、同大学職員による出張授業の実施、また、学生・生徒の交流などが実現することとなりました。



《長聖ニュース》

22期生が体験学習で社会福祉について考えました。

中学 2017/5/14

  5月13日(土)に22期生が体験学習「自分発見」で手話体験、点字体験、認知症についての学習・アイマスク体験の3教室に分かれて体験を行いました。
  手話体験講座では家族や自分の名前を手話でどう表すかなどを教えていただきました。名字の中には昔の武将から由来しているものもあり、覚えやすく工夫されていることがわかりました。
  点字体験講座では実際に点字器を使って五十音を打つ練習をしました。それから自分の名前、学校名、更には「私は~が好きです」といった自己紹介文を打ちました。点字では基本的に一文字を6つの点で表しますが、母音と子音を表す位置が決まっており、数少ないパターンで、ひらがな、数字、アルファベットも表せることがわかりました。初めての生徒も上手に点字を打つことができ、打った紙を指で触って確認していました。講師の先生から点字がついている商品や、カレンダー、本、地図などを紹介していただき、休み時間に生徒達は触ったり、講師の先生方に質問をしたりしていました。
  認知症についての学習・アイマスク体験の講座では、認知症の方への声がけの仕方や、目の不自由な方にどのような支援をしたらよいかなどのお話をお伺いしました。お話の後で生徒達はアイマスクをつけて、文字を書いてみました。まっすぐに書いたつもりなのに斜めになっていまったり、なかなかうまく書けなかったようです。
  今回の体験を通して、障がいを持っている方が普段の生活においてどのようなご苦労をされているかを知り、理解を深め、自分はどのような支援ができるのかを考えるきっかけにして欲しいと思います。次回19日(金)には生徒たちは今日とは違う講座に参加することになっています。



《長聖ニュース》

高校で強歩大会が開かれました。

高校 2017/5/1

  4月28日、高校で強歩大会が開かれました。昨年度は雨のため中止であったため、3年生にとっては2度目の、1・2年生にとっては初めての強歩大会です。男子25㎞、女子20㎞の長距離を、生徒たちはそれぞれ目標をもって歩きました。本橋百花さん(3年7組)は「2時間を切ること、15位以内に入ること、目標としていたことはすべてクリアできて嬉しかった。最後の強歩大会だから、頑張れてよかった」と笑顔で感想を語り、礒田隼輔君(3年3組)は「今年で最後だから、何があっても絶対に完歩しようと思っていた。途中で足を痛めてしまったけれど、諦めないでゴールできてよかった」と満足そうでした。
  生徒たちはそれぞれが自分と向き合い、もてる力の限りを尽くして完歩しました。